スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾い食い事件

新年早々 疲れました(大汗)




事の始まりは年末のある晩のこと。


健太くんは 夜のお散歩(と言えるほど歩くわけではないのですが)は必ず私が仕事から帰ってからいきます。

お母さんでもお姉ちゃんでも連れってってくれるのにね。

私が帰ってからでないと行かないのです。


その晩も9時半頃に仕事から帰って玄関にカバンを置くなり すぐにお散歩に出掛けました。


近所に小さい空き地があるので その辺りをうろうろとするだけです。



オシッコをして 草の匂いを嗅いでるなぁ・・・っと思った瞬間に パクッ!


あ!!!っと思って口を見た時には もう遅かりし 何やら食べてしまった後。

口を点検したら 臭いーーー(・_・;)


健ちゃん ウンチ食べたんちがうの???


もしものことがあったら大変。 毒でも入ってたら死んでしまう。

ちょっとしたすきに拾い食いしたダックスが全身麻痺になってしまったというのをテレビで見たのを思い出しました。

健太くんにもしものことがあったら大変っと焦る一方

ごはんやおやつは充分あげているのに 何でまたウンチを と思うと腹が立って

夜の10時で辺りは静まり返っていて 大きな声で健太くんをしかるわけにもいかず。

お尻を平手打ちで1発 パシッと叩きました。



ちょっとはビックリしたようでしたが 健太くんにしたら何で叩かれたのかわからず

・・・というよりも 別にどうってこともないようでケロッとしていました。

もちろん 私は滅多なことでは健太くんに手をあげることはしません。

良い行動をしたら褒めるけれども 悪いことをしたら無視。(無視はわんこにとっては1番ツライこと)

それは充分わかってはいるけれども ウンチを食べたことへの不安と怒りは抑えられませんでした。




家に帰って、お母さんとお姉ちゃんに健太くんがウンチを食べたことを話すと

健太くんはばつが悪そうに よそ見をしていました。

食べてしまったものははきだせない。

「健太くんが死んでしまいませんように。」とお仏壇のお父さんにお願いして 私はお風呂へ~。


しばらくして、お風呂のドアの横へ来て食べた物を吐きました。


「ちづちゃん ウンチ吐いたからもう大丈夫やで。」とでも言わんばかりに。


hiroigui.jpg


人間の子なら「言うて聞かせる」こともできるけど 健太くんは犬(涙)

おいしそうなものや興味をそそられるものがあったら 本能でパクっといく。

犬の本能はどうしようもないからね。



その上私の目は 本当に酷く悪くなってしまって(涙)

今はまだ朝6時でも真っ暗で私には地面に何が落ちてるかさっぱりわからず

それに健太くんは足が短く顔が長いミニチュアダックス。

地面 即 顔   で何か見つけたらすぐにパクッができる。


なので、お散歩は明るい時間に行くべきなのはわかってはいるけど

どうしても私とでないと行かない健太くん。



それまでは拾い食いなんかしなかったのにね。



いろいろ悩みました。





hiroigui1.jpg


年が明けて 1月1日の元旦。


お正月早々 親友のクリちゃんとお散歩に行くことになって喜ぶ健太くん ♪


夕方だったので家の近くを少し歩いているうちにもう薄暗くなってきました。

お利口さんで歩いてた・・・と思ってたのに。


またやられました (-_-;)


踏切のところで 人の目もあったけれでも この時は大きな声でキツクしかりました。

そしたら、ビックリしたのか いつもなら絶対口を開けない健太くんが そーっと開けました。

指を入れて奥に入っているものを取り出して 慌てて遠くに投げ捨てました。

何を拾ったのかと思って 手を嗅いでみたら やっぱり臭い。

またウンチ食べたんかーーー(-_-;)





その時も家に帰ってその話をしたら 自分のことを言われているのをわかってるようで

ちょっと申し訳なさそうにしていました。

ほんまにわかってるんかな 健太くんは(涙)






1日置いて3日の夜のこと。



暗い夜は何が落ちているかわからないので もう夜にオシッコに連れていくのはやめようと思ってたのですが

長い時間オシッコもしてないし そろそろ寝る前なのでと思って外へ連れて行った時のこと。



年末にウンチらしきものをパクっとした空き地に近づいたら

「ウンチ食べたやろ」というと 踵を返すようになっていた健太くんですが

その時私はついうっかりしてて またその場所近くへ~。



その時です!

またパクっ!!!



その瞬間 すぐに健太くんの口が見える所まで高く抱き上げて確認しようとしたら

口をつむったまま まるで「何も食べてないで!」と言わんばかりの澄まし顔。

え????? おかしいな?????

と思った途端に パパパパパクッと口の中に入れていたものを食べてしまいました。



もう堪忍袋の緒が切れた私は 冬の夜10時でかなり寒いというのに カーーーーっと汗が出てきて

大きい声ではないけれども キツイ 恐い 恐ろしい口調で健太くんを怒鳴り付けました。


またや<`ヘ´>  パクッとしたら私がどういう態度に出るかを試しているかのような行動。

もう腹が立って腹が立って 健太くんをグイグイ引っ張って家まで連れて帰りました。




いつもなら外に置いているポットの暖かいお湯で手足を拭くのですが

怒りでそれすらも忘れ 玄関の前で 健太くんのお尻にキツイ平手打ちを3つ。

バシッ!バシッ!バシッ!



ビックリした健太くんは キャンともウー(うめき)ともわからぬ小さい声をあげ

あの大きなカラダがいつもの半分ほどになるほど小さくうずくまり 頭を下げてこらえているようでした。


かわいそうと思う反面怒りがまだ収まらず、それでも玄関を開け 健太くんを家の中へ入れました。





私から逃げるようにして自分のハウス(クレート)へ逃げ込んだ健太くん。

奥行きせいぜい80cmほどのハウスに 健太くんがいくら小さくなって入ってもいつもなら丸見えなのに

その時は 上から見てもまるで健太くんが入っていないと思うほど小さくなって奥にへばりついていました。




私はというと、 お仏壇の前で仁王立ちになり 動くこともできずにしばらく立ちすくんだまま。

涙が出るのをこらえ お父さんにまた「健太くんが死にませんように」とそのことだけを念じていました。






いつもなら夜は健太くんと一緒に寝るのですが 怒りが収まらない私は一人でガバッと布団をかぶって寝ようとしたけれど

寝るに寝られず布団でジッとしていました。





少ししたら おねえちゃんがお風呂から出て来て何か用事をしているようで・・・


しばらくして、「え? 健太くん何でこんなとこにいるの?寝んねせえへんの?」と怪訝そうな声。





布団の中にいながらも 健太くんがどうしているのかちょっと心配になった私は起きてきて

さっきの出来事を、平手打ち3発の件も 全部話ました。


私が起きて来るまではお姉ちゃんの後にピッタリとひっついていたらしいのですが

私を見るなり おびえた目で洗面所の方へ急いで行き

洗面台とその前に置いているカゴの間に小さくなって隠れました。


043.jpg

↑ 手書きの「健太日記」


悲しいかな 大きな健太くんはそんな小さいカゴでは隠れることができず

隠れているのは頭だけで 大きなカラダは全部出たまま。


それでも本犬は恐ろしい鬼と化した私から逃れて隠れているつもり。

それも カゴの目の間から私の様子をうかがって。






さすがの鬼の私も そんな健太くんを見ていたら かわいそうでかわいそうで。

けど、すぐに甘やかすわけにもいかないので「こっちへおいで<`ヘ´>」と呼びつけて

犬とはわかってはいるけれども 人間の子を諭すように「もうしたらあかんで!」と優しく叱っておきました。




さて、叱った後は気持ちを切り替えて いつものように普通に普通に・・・と思い

健太くんと一緒に寝ようと布団のところへ連れて行き 私の横へ寝させてお腹を撫でてあげていたら




ガタガタ ガタガタ ガタガタ


恐怖で健太くんはふるえていました。


かわいそうなことをしたな。。。と思ったけれども やっぱり悪いのは健太くん。

けど、平手打ちはやっぱり酷過ぎたな。。。



1時間ほどふるえがとまらない健太くん。

横になってはいるものの 目はどんぐりのように見開いたまま。

要するに、鬼の私の横で恐怖のあまり身動きができない状態。




やっと動きだした健太くんは 私の布団から抜け出して 寒い自分のベッドでじっとしていました。


トイレに起きた私は ベッドでうずくまっている健太くんをまた布団の 今度は足元に寝させ

「もうかしこいから 寝んねやで健ちゃん」と声をかけて寝ることにしました。



夜中 寒くなった健太くんは いつものように布団を頭でグイグイと持ち上げて私の横に入って来ました。






かわいそうなことをしたなぁ。。。


毒でなくてよかった。。。


生きててよかった。。。






もうパクッはしませんように。








これから散歩に行く時は 地面に意識を集中させないようにするためにオヤツも持って行こう。


健ちゃん!呼んでアイコンタクトをとって オシッコをしたらオヤツをあげる。

良いことをしたらおいしいものがもらえる。



健太くんばかりを責めないで 飼い主の私がどうしたらよいかを勉強しよう!



そう決めて 翌日はうまくお散歩に行けました。









が しかし・・・

1日置いた5日の朝。

仕事が早番の私はまた6時の暗い内からお散歩へ~。



オシッコして グ~!でオヤツ。 健ちゃんはかしこいなぁ~!!!



と褒めた矢先のこと。


またもやパクッ!



けど、この時の私は落ち着いていました。

いくら悪いことをしたと言えども平手打ちをしたことへの後悔もあり。

すぐに健太くんの目線にしゃがんで口に手を当てたら なんとすぐにゆっくりと開けるではありませんか!!!



私も後悔と反省をしたと同じように 健太くんも?????


いやいや パクッの瞬間 反省をしたのではなく 鬼になった私のことが脳裏をかすめたんでしょう。

哀れな健太。





外はまだ暗かったので口から出したものが何だったのか 後で確認しようと持ち帰り

家に帰ってから見てみたらなんと コンビニのフライドチキンの骨のかけらでした。




フライドチキンやで! 揚げ物やで! 大好きな鶏やで 健ちゃん!





そんなおいしそうなものを私に渡そうと思うほど 鬼の私が恐かったのか。



けどなぁ、健ちゃん、 怒られてもまた同じことを繰り返すなんて


もしや私を試してるん違うの???



またパクッとしたら 今度はちづちゃんはどう出るんやろって 


試してるん違うの? 健太君。




もうあかんよ 拾い食いは。



それから 


もうあかんよ 大事な子に平手打ちは ちづちゃん。




2012年の年明けは ちょっと疲れました(汗)



今年は もうこんなことがありませんように。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ちづちゃん・けんちゃん

今年もよろしくね。

大変でしたね・・。
わかります、気持ち。
ちづちゃんが、健ちゃんをどんだけ好きか、
健ちゃんが、ちづちゃんをどんだけ好きかを知っているから
本気で怒ったちづちゃんの気持ちが、とっても伝わってきました。

でも、手を出されてお口を開けられるように・・教えておくことはとっても大事な事だと思います。
ちゃっくはこれができません。
一旦口に入れたら、自分の納得がいかないと、出してはくれず
無理にこじ開けようとすれば
うーっと唸ったり、噛みそうな勢いになってしまいます。
全く、恥ずかしい飼い主です・・。

うんち、何で食べ始めちゃったんだろうね。
今まではなかったのを考えると、ちょっと悩んじゃいませんか?
実はちゃっくも、ある時から、家族の居ない時にしたひなのうんちを食べてしまうコトがあるのです。
病院でも相談したけれど、同じご飯を食べてるのなら、出すもののニオイも似てるだろうしね・・おいしそうに感じるのかな。
排泄物から、何かの栄養を得ようとする場合もあるけれど
毎日ちゃんとご飯をもらってるわんこには、ちょっと考えにくい。。って。

ちづちゃんの胸が痛んだ愛のむちが、健ちゃんに届いていますように。
健ちゃん、特にお外ではダメだよ~。
ホントに危ないからね。ちゃんと覚えてるんだよ。

おー!NO!

あかんて。それはあかんて、健ちゃん。
うんちはあかんて。
しかし、そんなもん置いてく飼い主さんの方がめちゃくちゃあかんやん。
何処のお人や。
うちの場合、してはいけないことをしちゃったときの私のリアクションは
ちょっとお見せできませんわ。怖いでぇ。
りうくんなんか、おみみびよ~んだよ。

でも何で健ちゃん、そんなことをするようになったんだろう。
それの方が気になるよ。

健ちゃん!メ!!

健ちゃん!ラルフは絶対そんなことせえへんかったよ!!
天国からラルフが見てるからもうやめような~~~

ちゃっく管理人さ~ん

ことしもヨロシクお願いしますね!


今更ながらに思うことは
「もっとしつけをしっかりしておけばよかったなぁ」ということ
健ちゃんがまだ小さかった頃からドレーナーの左官さんに教えてもらってたのにね
その頃は自分自身が犬のことをあまりわからず
教えてもらったことがしっかりと頭に入ってなかったように思います。

もっと初めに上下関係をしっかり教え
「くわえたものも飼い主の指示で出す」と教えていれば・・・
後悔先に立たずやね (/_;)

犬の本能は人間には理解できないこともいっぱいあり糞食は特にね。
ちゃっくくんも何でひなちゃんのウンチ食べるんやろ。

犬の考えてることがわかればね (・_・;)


うちの近所は そんな危ないところではないから
毒なんて落ちてないとは思うけど
もしや もしや 犬嫌いの人がいたら???

やっぱり飼い主が気をつけんとあかんことです。
叱りかたも もっと冷静に! やもんね。


健ちゃんといると 日々良いことも悪いこともいろいろ
考えさせられることが多いです。

ゆうまま~

よっしゃ!今度ままにその叱り方教えてもらお!
けど、私がふるえたらどうしよ (・_・;)


今になって思うのは・・・
11月やったかなぁ~
家の裏のガレージでお散歩してた時にね
ガレージ横のお家の畑でまいてる肥料が落ちてたようで
それをパクッと食べたんですわ さっき思い出したっ!

その後何回もそこへ行きたがったので
その都度 ダメー!と叱ってました。

それからやわ 地面に鼻をするようにして何か探すようになったのは。


病気をもってる子のウンチやったらどないすんねん(-_-;)

そうそう! それにウンチを放置する飼い主。
城陽市はウンチの放置を見つけたら3万円の罰金やけど
市の職員が そこまで見てるはずがないやん。
そやから いくら罰金を決めてもウンチの放置はなくなりません。

飼い主の皆さま 我が子のウンチは自分のウンチと一緒ですよ。
常識で考えて行動してくださいね!

カスミ草さ~ん

ほんまやで!
ラルフくんも見てるし たくさんのおともだちが笑ってるわ
「いや~健ちゃん ひとのウンチ食べてる~」
「おうちでごはんもらってへんのと違うかぁ~?」

けど、賢いラルフくんは
「健ちゃん ウンチ食べるんやったらこの千円あげるから
これでおいしいオヤツ買い!」


ほんまにね、ラルフくん よかったらその千円ほんまにください(笑)
お散歩に持って行って
「この千円はオヤツよりも値うちあるねんで!」と
健太くんに見せびらかしてやります ^m^

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします~

食糞・・習慣性もあって難しい問題ですね。
寄生虫や消化器系の病気でも食糞をするので病院でウンチを検査してもらうのもよいですよ。
物を守るのは資源(財産)を飼い主にとられると思っているんですね。

叱る方法を考える前に普段の生活の中で、良いものはよいダメなものはダメと、
ルールを決めて飼い主さんの意思を尊重する心を育てるとよいと思います。
指示通り動けば飼い主さんが評価してくれて褒めてもらえる!
と健ちゃんが思うレッスンをたくさんしましょう!
飼い主さんとの遊び(ゲーム)には頭を使うルールがたくさんあるけどそのルールの中でなら楽しく遊べる!
と教えます。おもちゃの交換も楽しいな!と健ちゃんが思うような内容の♪
ダンボも練習中ですよ~

自宅のダンダンルームでも拾い食い防止とドッグトリックのレッスンできますが~

左官さ~ん

きのうは芝生のところでちょっとした遊びをしました♪

いつものようにボール遊び・・・をちょっと変えて

1:ボールを投げたら追いかけてとりに行く
2:取ってきたらおすわりさせてオヤツと交換でボールをもらう

これは初めのうちは楽しくて普通にボールをくれるんやけどね
何回かやってるうちに疲れてきたら
ボールを守るようにアゴの下に入れて
ちょうだいというとウーウー唸る。

これは「もうしんどいから 投げんといてー」てことです。
それを理解しないで 無理やり取りあげてまた投げると
余計守るようになるからね。


そこで、今度もおすわりをさせ・・・
けど、おすわりしてオヤツをもらったらまたボールを投げられるから嫌や(・_・;)
と思うところやけど。

おすわりしてオヤツをあげても 今度はボールは投げずに健ちゃんに渡す。

「あれ?オヤツ食べたけど 今度は投げんとハイ!ってくれるの?」って
それで健太くんは安心して ボールをくれる。

よくよく考えたら 今まではウーウー唸る理由をあまり考えんと
唸ってもなんとかしてボールを取りあげて(?) また投げようとしてました。
唸る理由を考えたら 「もう疲れたから投げんといて」ということもあるんです。
新しいボールの場合は ちょっと違うけど。

それをわかったら どちらもストレスなく遊べるようになりますね。

健太くんがなんでウーウー唸ってるのか
時と場合によりけりやけど 理由を考えてわかってあげたら
楽しく遊べるようになりましたよ きのうはね♪


ダンダンルームでのトリック ぜひぜひお願いしたいです。
それに 楽しく遊べるようになるための訓練は私も教えてほしいです。

日々勉強ってことで 私もちょっと考える時間を持って
健太くんに接していこうと思っています。

こちらこそ今年もよろしくお願いしますね!

No title

投げすぎて飽きてしまってるんですね。
飽きた場合にオモチャを渡すだけの方法は今後どうなるか楽しみですね。

もし、「投げるな!」の状態で終わった場合は遊びの終わりの主導権が健ちゃんにあると思います。
飽きる前に止めるか、飼い主は別の行動(ゲーム)を始めるのもよいと思いますよ。
「投げるな!」の犬主導のルールには乗らないということです。
僕の場合は荷物を隠してかくれんぼゲームを始めます。
主導権はゲームを開始した人に移りますから。あれ?と肩透かしをくらうはずです。
ボール守りは忘れて健ちゃんは僕をさがしてかわいいですよ。臭覚を使ったトレーニングです。
見つかった時の写真を撮ってましたよ!たくさん褒めてあげました。
普段の犬との生活の中で信頼関係ができて魅力のある人なら夢中でさがすはずです。
「飼い主さんは何か別の楽しいこと始めたかも~」って!

オモチャやボールに執着しているのは飼い主自信かも?って考え、別の遊びをたくさんするのもよいと思います。
今後も健ちゃんと楽しいドッグライフを!

左官さ~ん②

今日も木津川ドッグランで遊んできました~♪

唸ってボールを離さなくなったら 無理やり取りあげずに
オヤツと交換しても投げず フェイントをかけて
「別にボールなんていらんもんね~~~^m^」てとこを見せます。
もうボールに執着せんでも ちづちゃんは取りあげへんのかってね!

・・・でいつもは あの崖のところや木の後に隠れたりして
かくれんぼをしてますよ♪
見つけたら うれしそうな顔してます。
この前は 崖の下でじっと隠れてたのに一向に見つけてくれへんから
ちょっと心配してたら なんと!
私の後で ニヤニヤしてました^m^ やられたーーー。


犬との生活は ほんとに頭を使いますね!
・・・って偉そうなことを言うてますが
その頭をどう使っていいのか 私には難しくて(・_・;)

けど 考えて遊ぶと人間も犬もちょっと賢くなる
それが犬と一緒に遊ぶ楽しみやと思います。

ドッグランでも ジッと見てるだけの飼い主さんがいますけど
もったいないなぁーーーと思います。

2月もヨロシクお願いしますm(__)m
プロフィール

ちづ

Author:ちづ
水泳大好きなヨコヅナダックス健太くんのブログです。
2015年にヘルニアになり歩けなくなりましたが 再生医療でまた自分の足で歩けるようになりました。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。