スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また動き出した!(再生医療)

8月5日に馬尾のヘルニア手術をしてから ちょうど今日で4ヶ月になります。

自力で排尿排便が出来ずに大慌てした日々。

夜中にウンチが出て びっしり付いた毛布をひとりで片付けていたら

「明日は仕事やから あとはお母さんがやったげる。」と助けてもらいました。

お母さん お姉ちゃんに助けられて 何とかここまでやってこれました。

希望を持ってリハビリを続けていても  時々「 もうあかん 」と暗く考えてしまうことも度々ありました。



何度もここに書きましたが 術後約1ヶ月で何とか自力で立ち上がりかけ

よろよろしながら1歩あるいては尻もちをつき 

そんな変化に大喜びをし ガンバレ! ガンバレ! と声援を送りました。


その10日後には1mほど歩き 回復の兆しが見えて来た! と涙が出るほどうれしかったこともありました。




そのタイミングで 健太くんが立ち上がって歩くためのリハビリになることを期待して車イスを作ってもらいました。

初めて車イスに乗せた時は イチニ イチニと足を動かしていたのに

大好きなボール遊びをさせてあげようとして 勢い良く転がしたボールを猛スピードで追い掛けた健太くん。


久しぶりに走った喜びに満ちた顔とは反対に 後足はその動きに全くついていけず引きずったままになってしまいました。





その後 いくら車イスに乗せても2度と足を動かそうとはしませんでした。

イチニ イチニ と動かさなくても車イスに乗ったら手だけで走れる! と頭で覚えてしまったようです。

そんなことってあるのか??? と不思議に思っていましたが

やれやれ。。  楽な方への学習はたやすく脳に入ってしまうらしいです。



後悔しました。

良かれと思って与えた車イスが 反対にリハビリの妨げになったのかもしれない。

自分で立ち上がろうとして 足も動かせるようになってきていたのに。。。

現在はヘルニアのリハビリにもカートセラピーといって車イスを使っている病院があるのですが。

どうやら私が使い方を間違えてしまったようです。



後悔してもし足りませんでした。



201512051.jpg


それからは レーザーを当てたり 温熱治療をするために時々奈良の病院へ通っていました。

最近はJRの規制が厳しくなったために もうカートで電車に乗ることはできず

大きな健太くんをカバンに入れて約10キロを背負ったり肩から掛けたりして奈良に通いました。

電車を降りてからはカートに乗せるので それをお母さんに持ってもらいいつも付いてきてもらってました。

幸いにも健太くんは電車に乗るのが好きなようで とても助かりました。





リハビリも治療も地道な努力と積み重ねが大切です。

それはわかっていても なかなか先が見えず、仕事の休みの度にカバンに入って電車に乗せるのが可愛そうになってきました。


希望は持っていても 付き添いのお母さんにも負担をかけ 私の休みのたびに病院行きでは

健太くんもストレスがかかってしまう。



せっかく立ち上がりかけたのに。。

1mほど歩けるようになっていたのに。。


疲れと後悔と 健太くんへの申し訳無さでいっぱいになっていました。










健太くんが手術することになった時からずっと気になっていたことがありました。

それは 再生医療。

もともと健太くんたちの体の中にある細胞を体内から取り出し それを体外で培養しまた体内に戻す。

幹細胞と言われる細胞は 骨や臓器などに変化し 痛んだ部分を修復してくれる。

損傷した神経の修復にも期待できることがある。

健太くんの自然治癒力を後押ししてくれると期待のできる治療。




そのことが ずっとずっと頭から離れずにもやもやしていました。




ある日 ふと見たネットで再生医療に携わっている会社があると知り 問い合わせてみました。

翌日すぐに返事をいただき 紹介してもらった病院へ予約の電話を入れました。

その先生は再生医療学会の会長でもあり 治療以外でも公演などで忙しくされておられる先生なのでなかなか日が合わず

先月の終わりにやっとのことで診察してもらえることになりました。




再生医療をするためには 骨髄液を採りそれを培養するやり方と 脂肪から細胞を採って培養する方法があります。

健太くんの場合は全身麻酔で脂肪を採り それを2週間培養したものを静脈点滴で体にもどし

また1週間後にもう1度同じことをする。



今年に入って イボの手術  MRI検査  ヘルニア検査のために造影剤を入れてのCT検査 そして手術

4回も全身麻酔をしていることへの不安がありました。

でも 何とかしてまた足が動けるようにしてあげたい。


とにかく再生医療が出来るかどうかを聞くための受診でしたが

麻酔をするためには肝臓が元気でないとできない。

健太くんは今 甲状腺の薬を飲んでいてその副作用からか肝臓の数値がかなり高い。

やっぱり健太くんに再生医療は無理なのか。。 と。



ところが 麻酔が出来ない   2週間培養している時間がない急をようする場合 は 

他家幹細胞と言って他の子から採った肝細胞を凍結保存したものを投与できるとのこと。

それには副作用も無く 点滴で体に入れられるとのこと。



効果は期待できそう。

やりますか? 

はい ぜひお願いします!




再生医療のことを聞こうと思って行ったその日の内に 1回目の幹細胞投与を受けることができました。



201512052.jpg

30ccの点滴を1時間かけて ゆっくりゆっくり健太くんの体に入れる。

1滴も残すことなく入れてもらう。

何とか 健太くんの足がまた動きますように!






その夜 疲れた健太くんはぐっすりと眠りました。

いつもは私が起きてもまだ寝ているのに その翌日は5時過ぎからごそごそ動き出した健太くん。


寝ていた場所から あちこちへ移動し 元気だった時にはいつも私の足元に飛び跳ねて乗って来ていたように

不自由な足でどうやって上った???と思うほど元気に動く。


足は動かないけど 元気な体が動きたくてうずうずしてるとでも言うような感じでした。

体内に入れてもらった幹細胞が動きだした???





その4日後。

2回目の細胞投与を受けた健太くん。


それまでは手だけで移動していたのに 何となく足にも力が入ってきたように思えました。

5cmほどの高さの自分のベッドに上る時には イチニ イチニ と太ももの付け根から動かしています。

まだまだ足先の感覚は鈍いようですが 確かに太ももあたりから自分の意思で動かしています。

うれしい反応です!




きのう仕事から帰ると 「しっぽを持ったら足を動かして歩いた」とお姉ちゃんから報告を受けました。

手術直後でもしっぽを持つと よろけながら歩こうとしていた健太くんでしたが

9月末からは 車イスに乗せても ただだらんと両足を垂れただけで引きずり、全く動きませんでした。




さて 今日は久しぶりに健太くんとゆっくり外で遊ぼうと思い

車イスを持って出かけてみました。


普通 車イスの高さは肉球が地面に着く高さにするようですが

ナックリングしたままの健太くんの場合は それでは足の甲が地面に着いたままになってしまうので

ナックリングしていても地面からの振動や感触で元に戻せるように 車イスの座面を少し高くするように教えてもらいました。

そうすると なんとなく なんとなくではありますが 左右をイチニ イチニ と動かしているように思えました。



そこで お姉ちゃんから聞いていたしっぽを持って支えるやり方で

健太くんの少し前方にオヤツを置いて歩かせてみたら なんと!

今まで垂れたまま動かなかった両足が手の動きに合わせて 左右交互にイチニ イチニ と動いています!!!


2ヶ月間 全く動かなかった健太くんの足が またもとのように動いているではありませんか!


健ちゃん 足 動いてる!

上手や 上手に動いてる!!

健ちゃん 足 動いてるでーーー!!!


201512053.jpg


さっき、いつもリハビリをしてもらってるトレーナーさんに来てもらって 健太くんの動きを見てもらいました。

まず しっぽがかなりスムーズに振れるようになっていることに驚き

しっかりと長い間立っていられるようになったことも喜んでもらいました。

そして 太ももを自ら動かしているのも見てもらいました。


これなら また歩ける! と期待が膨らんできました。


よし! またしっかりとリハビリを頑張ろう!!

また 自分の力で踏ん張って立てるように!

そして 地面を踏みしめて 歩けるように!




健太くんの足が動けるようになること。

決してあきらめずに 希望を持って進むこと。


またこれから 健太くんのリハビリが始まります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

そらまた
すごい治療方法があるんやねぇ~

ほんま、最先端医療方法やねぇ・・

でも、それで
健ちゃんの足が
また動いてくれるなら
その治療にかけたい思いはわかるわ。

そそ
話は、全然変わるかもしれんけど
人間の美容整形に
自分の細胞?血液?を取り出して
なんやかんやして
また自己に戻して若返る方法があるねん

すごく効果はあるねんて

これと同じようなんやったら
きっと期待できるわ

とにかく

新しい治療方法に
期待できそう!
健ちゃん
がんばれ~!

No title

ちづさん、こんばんは!?

早く日が落ちますね。
ココの夜は真っ暗です。
国道の暗いのにもビックリしました。

ちづさんの努力には頭が下がります・・・・
絶対、健ちゃん!復活しますねv-363

桜の頃には自力で歩いてるでしょうね。
こんな形の再生医療があるって初めて知りました。

暖かくなったら京都に帰って健ちゃんに会いたいなぁ~~

こちゃらさ~ん

5月からこれまで なんぼお医者さんに行ったやろ?
なんぼ 健太くんの体に針を刺したやろ?

電車に乗って楽しいところへ行くならええけど
ガタガタ震える診察台に乗るために電車に乗るのは
もうやめとこと思ってね。

そのために とにかく幹細胞の投与だけはやっときたかってん。
まだまだ研究途中の治療でね
やったから100%治るとは限らへんけど。
健太くんの自然治癒能力を後押ししてくれるかもわからんから。

アンチエイジングと同じことやねん。

足はまだまだ立てんけど
ものすごく元気になってね!
足以外はもうもとの健太くんに戻ってます。

あとはぼちぼち気長にお家で楽しんでリハビリしようと思ってます。

カスミ草さ~~~~~ん

健太くん ものすごく元気になってきてます。
ワンワンうるさいぐらいに 元気です。

遊びたくて仕方ないようで おもちゃの前でワンワン!
思うように動かん足がもどかしいように思います。

よろよろでもええから また自分の足で歩かせてあげたくてね。
それに また歩いてる健太くんを私が見たくてね。

5月に発症して8月に手術して。
何でもっと早く診断が下らへんかったんやろ。。
もっとはっきりと診断してもらえるところへ連れてってやらんかったのを後悔します。
そやから 頑張ってリハビリしようと思ってきたけど
ふと考えたら それは返って健太くんの負担になってるかもわからんし
正直お母さんにも負担かけてて 私もしんどい。

そやから幹細胞の投与を区切りとして
これからはのんびりぼちぼち 楽しんで
お家でのリハビリを中心にしようと思いました。

少しずつでええから 健太くんの足が動きますように。
また海の向こうから応援してくださいね!

例のもの なかなかええ色になってきてますよ^^

No title

健太君 がんばれー!  ちづさんかんはって!!

あや風さ~ん

いつも応援ありがとうございます^^

何とかここまで頑張ってきました。
たくさんの方のお世話になって
たくさんの方に応援してもらって

その中には 迷惑をかけてしまったり
嫌な思いをさせてしまったこともいっぱいあります。
気になることもたくさんありますが

でも 今 健太くんが歩けないけども元気でいられる!
そのことと 希望だけを心において
頑張ろうと思っています。

いつもありがとうございます。
プロフィール

ちづ

Author:ちづ
水泳大好きなヨコヅナダックス健太くんのブログです。
2015年にヘルニアになり歩けなくなりましたが 再生医療でまた自分の足で歩けるようになりました。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。